学資保険は必要?いつから?いくら?
色々な疑問、調べました。

 育児雑誌やインターネットの記事なんかを見ていたら子供保険(学資保険)に入ろう!!みたいな文字が躍っているのを見かけますが、子供保険(学資保険)は本当に必要なのでしょうか。そして加入するならいつから??お金はいくらくらいかかるの??など、以下の4つの疑問を調べてみました。

疑問1子供保険(学資保険)は本当に必要ですか?
疑問2いつから始めれば良いのですか?
疑問3金額は月々いくらくらいかかりますか?
疑問4我が家に合う学資保険ってどれですか?
 プロに相談するならこちら!

子供保険(学資保険)は本当に必要ですか?

 現在の世の中の流れや、金利の状況を考えると必ずしも入らなければならない保険ではないっというところが正直なところです。とはいえ、各家庭の金銭状況や事情などが異なりますので、一概に入らなくても良いというのも無責任ですし、入ったほうが良いというのも無責任という感じですね。

保険の営業さん

学資保険という選択肢

子供保険(学資保険)に入るメリット

 子供保険(学資保険)に入るメリットも当然ありますので、簡単に紹介しておきます。

メリット1 強制的に貯蓄できる
メリット2 親に万一のことがあっても保証
メリット3 大よその目標を立てられる

 お金の管理に慣れている、手元の資金を元にしっかり運用ができる、使い込んだりしないし貯蓄も自分でできる、っという方には子供保険(学資保険)はもしかすると不要な保険なのかもしれません。

 が、もし、私のように手元にお金があったら使ってしまう・・・うまく貯蓄ができそうにない・・・っという方にはこういった保険は強制的に貯蓄ができるサービスでもありますので、利用すべきかもしれませんね、苦笑。


子供保険(学資保険)はいつから始めれば良いですか?

 子供保険(学資保険)に限った話ではないのですが、お金の貯蓄に関することは、少しでも早く始めることが大切です。もし、思い立ったのが今なら今から行動に移すのが正解ということです。一番良いタイミングなのが赤ちゃんが産まれてバタバタするよりも前の妊娠中で、その次に良いタイミングが産まれてからの生活が落ち着き始めた1~3歳頃と言われています。

妊娠中

学資保険加入のタイミング

早ければ早いほど良い理由

 まぁ、こんなのは書かずとも分かると思いますし、何となくも分かっているかと思うのですが・・・。

理由1 月々の負担が少なくてすみます
理由2 学資保険は早いほど貯蓄しやすい
理由3 早めにすると計画を立てやすい

 子供保険(学資保険)に加入したいと思っているのであれば、早ければ早いほど良いです。ですが、そもそも子供保険(学資保険)に加入することが必ずしも正しいわけではないっというご家庭があるということも忘れないでください。

 過去の加入状況を調査したデータを見ていると、調査方法や調査団体によって差はありますが、そもそも子供保険(学資保険)に加入していない家庭が3~4割程度あります。必要ないと判断しているのか、金銭的に入れないのか、他の資産運用で代用しているのか、そこまでは分かりませんが・・・。


金額は月々いくらくらいかかりますか?

 正直、この辺りは子供の進路をどう考えているのかで変化するため一概には言えません。例えば小学校からお受験させる、大学は医学部に!など、漠然とでも考えているのであれば、それなりの準備が必要となってきますよね。

 とはいえ、これでは回答になっていない感じですので、あくまでも平均値になりますが、月々1万円~1万5千円程度を支払額にしている、っというのが一般的な回答でしょうか。

親の年齢

親の年齢によっても変わる支払額

 学資保険の中には親に万一のことがあった場合、その後の支払いが不要となるタイプのものがあります。ですので、子供の年齢が同じ1歳だったとしても、20代の親がかける学資保険と、50代の親がかける学資保険では月額の支払い金額が異なるわけです(そうじゃないと保険会社が儲かりませんので、苦笑)

 子供保険(学資保険)は、契約が早ければ早いほど、支払う月額のかかる金額も低く抑えることが可能だということです。


我が家に合う子供保険(学資保険)ってどれですか?

 えぇ、これが最大にして最強の疑問点だと思います。が、こればっかりは本当に様々で一概にこれがオススメ!!っということはできません。私自身も保険のことはカラッキシ分かっていなかったので、調べまくってこのサイトを作ったのですが、それでも本当に分かりません。。。

 とはいえ、これもさすがに回答になっていませんので、上手な学資保険の入り方を最後に紹介しておきたいと思います。

我が家に合う学資保険

保険のプロに相談する

 正直、これが一番正解だと思っています。但し、保険会社の担当さんなどに相談するのはオススメできません。自社の保険の範囲内でしか、提案されないからです。また、保険会社のホームページ上でシミュレーションや無料見積もりなんかを出してもらえるところもありますが、概算もいいところですw

 我が家に合う本当のところ・実際のところを知りたい・相談したいのであれば、可能な限り、中立な立場のファイナンシャルプランナーとの面談をオススメします。

 当サイトでは、我が家で保険のビュッフェを実際に使ってよかったということもあるので、オススメしていますが、ぶっちゃけどこの保険プランナー会社でも良いかと思います。但し、中立な立場で、面談してくれるところが大事です。メールや電話などではこちらの真意が伝わらないことが多く、わけのわからない保険を提案されてしまうことにもつながります。

保険のビュッフェで受けられるサービス

 学資保険に限らず、保険系の商品はものすごく分かりにくいです。しかも、我が家で最高の保険だったとしても他の家庭ではゴミクズ以下の保障内容になるようなケースもあるくらいです。そんな保険の商品を一緒にプランニングからお手伝いしてくれるのが保険のビュッフェです。

具体的にこんなことしてくれます!

  1. 必要な教育資金を診断してくれます
  2. 中立的な立場からの提案を受けられます
  3. 各家庭に合うプランを提案してくれます
  4. 面倒な手続きは代行してくれます
  5. その後のフォロー(見直しなど)もお手伝い

 私も実際にチェックしたんですが、1週間先からの相談希望日を第1希望、第2希望と入力して送信するだけですね。

 思い立ったので面談予約を入れる!

見出し

Page top icon